2018年1月15日月曜日

粥占神事

 今日は朝から九年母会の本部の方お二人と、淡路島の石材店を訪ねました。用談終了後、地元の方に勧められて伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)で本日行われた御粥占祭(おかいうらまつり)にお参りして来ました。
 神職が小さな竹筒三本を沈めて御粥を焚き上げます。その竹筒を神前にお供えしますが、その時に竹筒から流れ出す御粥の形で、今年の稲の作付けを早稲(わせ)・中稲(なかて)・晩稲(おくて)の何れにするかを占う神事です。流れ出た御粥の形状で判断するのは、神職ではなく農家が各自で決めるとか。経験豊かな古老達が集まって相談し、自分たちの責任で神慮を探るのでしょう。
 古代の日本では、亀の甲羅に火を当てて、甲羅に生ずるひび割れで占いをしました。鹿の肩甲骨を使った太占(ふとまに)という占いもありました。亀や鹿を使った占いには、狩猟採集が生活の中心だった縄文時代の匂いがしますが、今日拝見した占いには、弥生時代の香りがしました。そして、縄文文化の息吹を色濃く残す日本古来の神の道に、新文明として大陸から伝わった稲作による弥生文化が融合して行く過程を見る思いがしました。
 それにしても大変な人出でした。淡路島中から農家が参拝されるとか。それも、高齢の方が軽自動車に乗って来ておられるのが目に付きました。高齢化の進行と少子化と過疎化。文化を守っていく事の難しさを感じつつ、帰路に就きました。
       境内の空幾度も春の鷹   伸一路

2018年1月4日木曜日

初詣という季題

本日は平成30年最初の本部例会が開催されました。1月4日とあって参加者は48名と、例月より10名程少なかったのですが、「初雀」・「初詣」という季題に果敢にチャレンジされ、大いに盛り上がりました。

「初詣」という季題は古代から伝わるものであり、それだけに陳腐化し易いという嫌いがあります。詠み古されている、という事です。今日は正月の4日。初詣に出かけて、この季題で俳句を詠んだ人は、恐らく数万人は下らないでしょう。という事は、類句・類想句がこの数以上に詠まれていると想像されます。余程斬新な着想でないと、その他大勢の句になってしまいます。

今日の句会でも、陳腐な句が可成り有りました。次の句は、今日の私の句ですが、互選では全く評価されませんでした。私なりに、陳腐化をぶち破ろうとした句だったのですが。

        煩悩を焼けと護摩の火初詣    伸一路

「初雀」という季題をしっかり理解できている句は、残念ながら少なかったのですが、理解できている句は素晴らしかった。元旦に初めて見た雀、という理解しか出来ていない句が多かったのですが、新しい年の幸せを呼び込む小鳥と、一歩踏み込んだ句もあり、嬉しく思いました。


2017年12月31日日曜日

遍照寺・桔梗大賞の結果

去る27日、神戸の元町にて、桔梗大賞の選考会が開催され、無記名の一覧表から入選・佳作合計30句を決定しました。本日、遍照寺から入選句の作者名の通知が届きました。それによりますと、昨年に引き続き、地元豊岡市や香美町の皆さんのご活躍が目覚ましく、上位を占めておられますが、我が九年母会の皆さんも良く健闘され、私の選者特選賞1名、二席1名、ジオパーク特別賞1名・佳作2名と、合計5名が入選・入賞されました。地元以外の方は13名、内5名を九年母が占めています。

いずれも、今回の九年母賞で活躍された皆さんです。何処のどんな大会でも、確実に入選するだけの力を付けて来られたのだと思います。今年も、今宮戎神社献詠俳句祭、住吉大社献詠俳句祭、摩耶山俳句大会、西播磨俳句祭、姫路芭蕉忌フェスティバルなどの選者を務めましたが、九年母の入選・入賞の皆さんに共通して言えることは、とにかく俳句が好きで熱心な方ばかりだという事です。

 俳句の入選・入賞には、いわゆる「まぐれ」という事は有りません。良く「まぐれも実力の内」と言いますが、本当にその通りだと思います。着実に積み上げて来た実力は、自然に発揮されます。自分の実力を信じる事です。そのためには、いろんな大会でコツコツと実績を挙げていくことです。

 今回の入選・入賞の皆さんには、近いうちにお寺から表彰式の通知が届くと思います。表彰式は来年の6月20日です。私も参ります。友人・知人の皆さんも、桔梗を見がてら、入選・入賞者の皆さんの拍手係に、一緒に行きましょう。福を分けて貰って、私も来年こそは、と頑張ろうでは有りませんか。

2017年12月18日月曜日

文武両道

大阪府警や兵庫県警、滋賀県警の機関誌の俳句欄の選を通じて、警察OBや現役の警察官の皆さんの投句を拝見しています。文芸欄には俳句の外には、川柳と短歌があり、書道や英語などの教養欄もあります。

各警察本部の機関誌は教養課で発行されています。警察官の心身鍛錬のための、教養の一環として文芸欄を設けておられるのだと思います。投句者の大半はOBの方ですが、警察署の俳句同好会などで学ばれたのでしょうか、全国紙の俳壇に登場する方も居られます。

選をしていて楽しいのは、いかにも警察らしい句が投句される事です。
     パトロール佇立して見る冬銀河     清
大阪府警の機関誌の俳壇で、入選に頂いた句です。私にはこんな句は詠めません。お巡りさんならではの句です。滋賀県警の機関誌の選をしましたら、こんな句が有りました。
     ゴム手はめパトカー洗う冬の朝     哲平
高速道路隊に勤務する方です。正義を守り諸悪と対峙する、武人としての警察官が、この様な優しい詩人であることに、俳人として感動します。文武両道とは武人であることと詩人であることとを、両立させることなのだと思います。私は、このような警察の俳壇の選や添削を通じて、お役に立ちたいと念じています。

2017年11月28日火曜日

大根焚と言う季題

 九年母賞の最終選考や1月号の雑詠選、新春団欒の選も終わりました。野鳥の歳時記等の文書の作成も順調です。忙しいかった11月も、間もなく終わります。明日は午前中に12月号を発送し、午後から1月号の編集が始まります。1月号は盛り沢山。楽しみにお待ちください。編集の様子を見学にお出でになりませんか。漢字の読み方や言葉の使い方、文語文法等、勉強になりますよ。

 さて、次の句が、ある句会に出されました。
      大根焚旗立ち里の活気かな
11月の吟行の句ですが、大根焚と言う季題が使われています。歳時記をご覧になれば分かるのですがこの季題は、12月9.10日の両日に、京都・鳴滝の了徳寺で行われる伝統の行事であり、大根を煮て開山の親鸞上人に供え、参詣者も共に食するものです。俗に「鳴滝の大根焚」と呼ばれてます。
 上記の句からは、11月に吟行した村里の飯屋に大根焚の幟が上がって、客を待っているような景色が見えます。鳴滝の事でしょうか。寺の活気なら鳴滝の事かと思いますが、時期も違います。歳時記の説明には鳴滝のことしか書いてありません。つまり大根焚という季題は鳴滝の行事限定なのです。
 ではどうすれば大根を焚いている景色が詠めるでしょう。大根焚く、と詠めばよいのです。大根煮る、でも良いのです。こうすれば大根と言う季題が使えます。上記の句は
      大根焚く旗立ち里の活気かな
これで、大根と言う季題が生き生きと働いてくれます。思い込みで季題を使わず、先ず歳時記で確認しましょう。

2017年11月17日金曜日

九年母の由来

11月に入って最初のブログがこんなに遅くなるとは、思いも寄らなかったのですが、それだけ私の身辺が多忙という事でして、決して病気で寝ていたわけでも、怠けていたわけでもありません。

9日は千鳥句会で六甲山の布引の滝へ吟行、芸術センターでの句会を終えてその足で上京。翌10日の関東支部の恩賜浜離宮公園での吟行句会に参加して帰宅。翌11日は関西ホトトギス同人会の句会と懇親会、翌12日は関西ホトトギス俳句大会に参加・・・こんな調子の毎日で、ブログを書く時間が取れませんでした。

しかし、今日で原稿の山を越えましたので、久し振りにパソコンに向かっています。この間、ホームページで入会を申し込んで頂いた方が2名、会員の紹介で入会された方が1名居られ、会員の動向に変化の兆しが出て来ました。嬉しい限りです。

会員の中からも、より上級のホトトギスの句会に進まれた方が3名あり、これも嬉しい事です。主宰に就任して以来、来年3月で3年になります。今でも私の指導の仕方に苦言を呈して来られる方が有りますが、皆さんのご協力のお陰で、九年母はますます活気が出て来ています。若い会員の活躍も嬉しい事です。その証拠が先日の関西ホトトギス俳句大会での成績です。廣太郎主宰の特選8名の内の4名が九年母会員、入選に至っては枚挙に暇が有らず。私が一番成績が悪いくらいでした。

関東支部の吟行で、面白い写真を撮って来ました。九年母の実です。苑内に九年母の大樹が有り夏蜜柑ほどの実が、沢山成っていました。九年母は室町時代後半には日本に到来していて、この大樹も、江戸時代の中期にはこの苑に植えられていたようで、由緒のある結社名であることが分かりました。誇らしい事ですね。

2017年10月31日火曜日

大活躍

昨日は、第26回摩耶山俳句大会が、奥摩耶の神戸市立「自然の家」にて開催されました。台風22号の余波で朝から強風注意報が出、開催が危ぶまれましたが、摩耶山天上寺の伊藤浄厳(虚舟)貫主の法力により、137名の参加を得て見事に開催の運びとなりました。
強風の影響で「まやビューライン」のケーブルカーとロープウエーが運休になり、30名前後の方が諦めて帰られたようですが、沢山の方がタクシーを乗合で利用して摩耶山に登られた事は、参加者の熱意を物語るものだと思います。

我が九年母会からも30名を超える方が参加され、互選や12名の選者の選に活発に名乗りを上げておられました。私の予選25句の内11句が九年母会員に句でした。その結果、

    摩耶山大賞   颱風の洗ひ上げたる今日の晴    白井貴佐子
    観光協会賞   一山の露の深さに辿り着く     武本敬子

という結果が得られました。お二人が通っておられる教室を担当する私にとっても、大満足の結果でした。「九年母」正月号に大会記が掲載されますので、九年母会員の皆様のご活躍をご覧ください。

    息を呑むほどとは櫨の紅葉かな    伸一路

この句は汀子選の秀逸を頂きました。今回は選者の先生方の名乗りが比較的少なく、その分、九年母会員の声ばかりが聞こえていたように思います。ただ、名乗の声が小さい方が居られました。来年は私の中継ぎが要らないくらい大きな声で名乗って下さい。今年も「九年母さん、すごいね」という声が聞こえていました。
来年は10月29日(月)に同じ会場にて第27回の大会が開催されますので、是非ご参加下さい。