2018年5月14日月曜日

深川吟行

私は六甲道勤労市民センター俳句講座と葺合文化センター俳句講座の講師を永年務めていますが、その修了者と在籍者とで組織している千鳥吟行句会の皆さんと、5月10日、念願であった東京・深川の芭蕉の旧跡を訪ねる旅に出ました。ジパングを利用し、ビジネスホテルに泊まる格安旅行です。どこぞの主宰のような、立派な宿に泊まる権威主義的な旅ではありません。新幹線はひかり号。あちこちの駅で後続の列車に追い抜かれながらの、のんびりした旅です。これが私流の主宰の旅。今後も変わることはありません。
 正午過ぎに東京駅に到着し、地下鉄で江東区立芭蕉記念館に向かいました。品川までは雨が降っていましたが、最寄りの地下鉄森下駅に着く頃には雨が上がり、かもめの声が青空から降って来ました。隅田川界隈や芭蕉稲荷など、芭蕉庵が有った辺りを吟行しました。帰って来てから聞いた話ですが、隅田川に沿った芭蕉庵史跡展望公園に安置されている芭蕉象は、朝は北を向いているが、夕方5時を過ぎる頃から、川舟を見送るように西を向くそうです。午後3時から第1句会を開催、関西からの19名に加えて、関東支部から6名の方が参加、25名の大句会となりました。句会終了後、参加者全員が中華料理店に移動、懇親会を催しました。発行所・編集部全員を含めた執行部員と関東支部会員との懇親会となりました。お互いに様々な問題点を語り合い、有意義な会になりました。
 翌日は8時30分にホテルを出発、再び芭蕉記念館に戻り、句会の準備を整えてから、近くにある清澄(きよすみ)公園へ向かいました。途中、高田川部屋、尾車部屋、錣山部屋などの相撲部が有りました。見学は出来なかったのですが、若い力士がまわし姿で出て来たり、自転車に乗って買い物に向かう力士に出会ったり、と近づく五月場所への勢を感じました。
 清澄公園は、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられる広大な庭園で、さる大名家の下屋敷となりましたが、明治に至って岩崎財閥が購入し、3代に亘って公園として整備したもの。全国各地の名石・巨石が有ることでも有名です。大震災の後、東京都が半分を買い上げて、公園として一般に公開しています。神戸の相楽園の5倍ほどの広さがあり、芭蕉の「古池や蛙飛び込む水の音」の句を刻んだ、巨大な句碑が建っています。
  午後1時30分から第2句会を開催し、江戸の名残りが残る深川を詠んだ句を楽しみました。終了後、関東支部の皆さんに見送られながら東京駅に向かい、5時のひかり号で関西へ戻りました。何より、関東支部の皆さんとの懇親が図れたことが大収穫でした。お世話になった関東支部の皆さんのお名前を記して、御礼と致します。
  文男・南・彩子・庸久・勤・三樹 の皆様、有難うございました。

   新緑の風をペダルに三段目    伸一路

2018年4月25日水曜日

雑詠の速達便

今日は朝から兵庫医科大学病院で、2月に受けた脾臓動脈瘤塞栓術の術後検査を受けました。造影剤を使ってMRIで画像を撮りましたが、手術は完璧でその後の再発もなし、とのこと。その他の内臓も見て貰いましたが異常なし。4月2日に受けた大腸の内視鏡検査も異常なく、不整脈と高脂血症は、近くの掛かり付けの先生に管理して頂いています。この先生にはもう15年来お世話になっており、待合室には九年母誌を毎月、宣伝用に置かせて頂いています。「結構、患者さんが読んでいますよ」との事です。
 毎日6時に起床、血圧を測定し、6時半からはラジオ体操。野菜を中心とした食事を3食しっかり食べて、良く働き、よく歩き、8時間しっかり眠る。歯は全て自前で、3か月ごとに歯科医院でチェックを受けています。心配なのは、歳相応に、物忘れが出てきたことくらいなものです。
 さて、7月号の雑詠選が本日終了し、明日編集長にお渡しする予定ですが、最近気になっていることが有ります。それは、最後の最後まで推敲をされるのでしょうか、投句が全体的に遅くなって来ていることです。そのため駆け込みの速達便が増えて来ました。この速達便、出す方も280円の負担が別途かかりますが、郵便局員にも負担が掛かります。25日が近づくと、毎日何回も、一般郵便物とは別に、速達係の局員がバイクで速達を届けに来られます。その都度1枚だけ持って。雨が降ってもです。仕事と言えばそれまでですが局員も人の子。九年母の葉書が負担にならない様、もう少し早めに雑詠をお出し下さるよう、ご協力をお願いします。

2018年4月17日火曜日

第1回追悼句会

 4月15日日曜日、神戸市須磨区の須磨寺にて、定例の吟行に替えて、九年母会の先々代の主宰五十嵐播水、先代の主宰五十嵐哲也両先生の追悼句会を開催しましたところ、会員の皆さんが69名も参加して下さいました。
 昨年の4月は哲也前主宰の1周忌を、神戸市北区有馬にある念仏寺で開催しました。この時は元同人会長で前住職のうろお老師がお元気で、読経をして下さったのですが、その後老師が遷化され、後を継がれたご子息様は俳句をなさらず、当会との縁が薄くなってしまいました。また当会の会員からは、足腰が弱ったので有馬まで行くのが辛い、という声が多数寄せられました。そのため播水旧居に近く句碑もある須磨寺での開催を立案、運営委員会の了承を得ました。しかし相手は1200年の歴史がある、源平所縁の大古刹。そう簡単に行く訳がありません。そこで、近くにお住いの岩水ひとみさんに相談、幸いにも彼女がお寺の管長様や関係の方と親しくされている事から話が順調に進み、下見やお寺との細かい打合せを重ねて、今回の開催に漕ぎつけたものです。
 句会では、九年母会員の十八番の「師の句碑」を詠んだ句が山のように出されました。句碑は墓石の様な記念碑です。亡くなった方に墓石の立派さを褒めても喜ばれないでしょう。それより故人との様々な思い出を句にした方が供養になるというも。ですから、私が頂いた句碑の句は1句だけでした。句碑を介してでなければ追悼が出来ないというのは、寂しい限りです。先生と一緒に吟行をした思い出や句会で感銘を受けたことなど、他にも詠むべき材料はある筈です。また、それを詠むのが追善供養というもの。詠むだけの思い出が無ければ、他の景物を詠んで、両先生にご覧いただけばよいのです。「先師句碑先々師句碑寺若葉」と、石材店の広告のように句碑を連ねるのは如何なものでしょう。追悼とは何か。来年の追悼句会ではこの辺りをしっかりお考え頂きたいと思います。
 須磨寺の土子課長様には大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。
 
 

2018年4月9日月曜日

農業公園

昨日は五葉句会の吟行に参加し、神戸市立の農業公園に行って来ました。参加者は17名。神戸の最高気温が13度だったとか。3月中頃の気温で肌寒く、照り翳りの忙しい日でした。時折春の時雨が来て暫く雨が降り、雨が上がると青空に雲雀が囀る、という一日でした。葡萄の棚は未だ芽吹いてなかったのですが、揚雲雀や雉の声が聞こえ蝶が舞い、楽しく吟行が出来ました。

この農業公園が出来た頃は私も未だ駆け出しの俳人で、西宮俳句協会の傘下に有った「碧櫻会」という句会で勉強していました。ある日この公園に吟行し、研修会館で一泊して句会を何度も楽しみました。夕食の鍋料理が終わった後、電気を消して各自が持参した食べ物を鍋に入れ、闇汁を食べたことが、懐かしく思い出されます。

その頃は公園の牧場に乳牛や黒い和牛が飼われていました。広場ではバーベキューの煙がもうもうと上がり、子供達の楽しそうな声に満ちていました。段ボールをお尻に敷き、歓声を上げて草の坂を下る子も。展示してある古民家の農具小屋には、水車が回っていました。しかし今では神戸ワインを醸すシャトーだけとなってしまいました。少子高齢化の波をまともに受けたのでしょうか。諸行無常・栄枯盛衰の思いで、揚雲雀の声を聞きました。



     播水旧居の八重桜と黄桜。ある方から頂いた、旧居最後の桜です。

2018年4月2日月曜日

旧居の桜

今年は桜の開花が早く、桜前線は既に東北地方にまで到達したとか。恒例の芦屋さくら祭が開催される4月7日は、葉桜見物になりそうな勢いです。播水旧居の桜の大樹も、今年も変わらず満開となりましたが、残念ながら今年が見納めとなりそうです。昨日ある方から、旧居の桜の写真を頂きましたので、最後の姿をご覧ください。雑草園の想い出も過去の事になります。蕗の薹の太郎も次郎も、貝母も寒あやめも、思いでの彼方に去ってしまうでしょう。我が家のプランターでは、雑草園から移植した貝母とムスカリが蕾を付けています。それでは旧居のお花見を楽しんでください。

2018年3月27日火曜日

「水温む」と「水草生ふ」

 今日で、今期の講座や句会がすべて終わりました。雑詠の選も終わり、編集部に渡しました。今月最大の仕事は、住吉大社松苗神事献詠630句の選と選考会でした。明日はいつものスーパー銭湯に浸かって、ゆっくり休ませて頂きます。
 さて、昨日の野鳥俳句会では「雲雀」と並んで「水温む」という兼題が出ましたが、私は敢えて「水草生ふ」という席題を出しました。「水温む」と「水草生ふ」、この二つの季題がどう違うのか。野鳥句会の皆さんにも難しかったことでしょう。読者の皆さんなら、どう使い分けますか。
 先ず「水温む」という季題。この季題はどんな心を持っているのでしょう。

      やうやくに得し小康や水温む   伸一路

冬という厳しい季節、大病という厳しい人生。このような厳しい環境がようやく解けて来た時、水は温みます。水が温むとはこういうことなのです。ほっとする、安堵感です。
 これに対して、水が温んでから暫くして、水草の芽が伸びて来ます。芽が伸びるとは、未来に対する期待感です。「水草生ふ」とは、この様な前向きな期待感を持つ季題です。

      遣唐使発ちたる掘や水草生ふ   伸一路

東シナ海を渡って大唐帝国に渡ろうとした、期待感が表現出来たでしょうか。
 かつて「春早し」と「春浅し」との違いを勉強しましたが、俳句の基礎は季題の心を学ぶことだと思います。

2018年3月15日木曜日

季題の心

 忙しい毎日が続きます。稿責の波が寄せては返しています。そんな中で、昨夜は11時までかかって確定申告書を書き上げ、今朝一番で提出して来ました。その後、12時8分のJR東西線に乗って北新地駅に向かい、大阪支部の例会に出席しました。
 大阪支部例会では、従来の兼題に加えて、今回から席題が一つ加わりました。今回の席題は「水草生ふ」でした。仮名で書くと「みくさおふ」・「みづくさおふ」と表記し、万葉集の時代から使われている言葉だそうです。
 文語体の「水」の仮名表記は「みづ」ですので、水の付く言葉はすべて「みづ・・」と書きます。ホトトギス新歳時記では、この表記は厳格に守られていますが、角川俳句大歳時記では口語体で「みずくさ」と表記されています。若い人が俳句結社に入って来ない、と悩む時代ですが、水を「みづ」と書く文化に若い人がついて来れるでしょうか。学校のテストでは、水の読み方は「みず」が〇で「みづ」は✖。伝統俳句が伸び悩む要因の一つに、この様な国語表記の問題があると思います。今後どうすべきか、悩ましい問題です。
 ところで、「水草生ふ」という季題はどんな時に使うのでしょうか。散歩していたら水草の芽が伸びていたので、その様子を俳句にしてみた、ということも有ります。それはそれでよいのですが、もっと完成度の高い俳句を詠もうと思ったら、この季題の心を探ってみる事です。
 いつも句会でしている様に、この季題が楽しいものか、嬉しいものか、悲しいものか、淋しいものか、という分類で考えてみましょう。新しい命が育って来るのですから、少なくとも悲しく淋しいものでは無い。ならば楽しく嬉しい思いを詠んで、この季題に思いを語らせたら良いのです。
         水草生ふ煌めく影を抱きつつ     伸一路
煌めく影とは何でしょう。小魚の群が、春の日を受けて煌めいているのです。このように詠むと、春が来た喜びが感じられると思います。「水草生ふ」という季題が楽しく嬉しい思いを語ってくれているのです。題が出たら、先ずこのようにして季題の心を探ってみましょう。